ICAOAETDynEdVERSANTFAQ

DynEd eラーニングDynEd e-learning

eラーニング新教育法”Blended Learning”が今始まる!

米国ラーニング協会唯一公認のDyned英語学習教材

ブレンディッドラーニング(Blended Learning)とは

「eラーニング新教育法”Blended Learning”」

 eラーニングは、場所と時間を選ばず学習できることから企業を中心に急速に普及してきましたが、一方で学習効果が見えないなどの課題が、 eラーニング普及の足かせとなっています。また一人で継続的に学習することは、かなりの忍耐力が必要であり通信教育であれ、eラーニングであれ、 長続きしないなど潜在的な課題は抱えたままとなっています。 だからと言って、すべてを通学で学習することは、金銭的や時間的な問題などもあり、現実には難しいものです。
 そこで、eラーニングと通学との特長を併せ持つ新教育法” Blended Learning ”が今注目されています。それは塾の個別指導のようなものであり、専門家による学習管理や定期的な学習指導、 対話型eラーニングシステムの実現で初めて提供出来るようになりました。当社は、Voice of America(VOA)の語学教材にも使われ数々の賞を受賞しているDynEdと提携し、語学学習において” Blended Learning”を提供いたします。


言語習得のメカニズム

「なぜ話せない?!」

現在英語を学習している人のなかには、もう英語はやめたと思ったが、海外旅行に行くたびに一念発起して学習を再開している、またはどうしても仕事で必要なんだ、という理由から始めているのではないでしょうか。
 しかし、いろいろな教材を購入し学習をしているけど、未だに外人を見ると固まってしまう。まして、会話などもってのほかと 思っている人も少なくないと思います。
 それは、単に学習方法に誤りがあるだけなのです。リスニングとスピーキングでは脳の別な部分が働くことが 判っています。日本人はテキスト中心の学習に慣れ親しんでいるため、テキストを学習当初より使用する学習が効率的だと思い勝ちですが、使い始めるのが早すぎると、リスニングとスピーキングの伸びが遅れるということが、研究結果から判っています。つまり、 リスニングとスピーキングの能力を養うには、テキストに頼らないことが最良の方法です。
リスニングから始めて、次にスピーキング、その後リーディングとライティングにより 新しい語彙を増やしていくのです。 それは、人間が誕生して母国語を身に付けいく過程と同じ流れで学習することなのです。会話力を効率よく身につけるためには、キーセンテンスが 理解できて言えるようになるまでは、テキストに頼らないことが大切なのです。
 DynEdのeラーニングは、語学習得のサイクルに基づく構成となっており、加えて音声認識機能を組み入れた対話型ラーニングを 中心に 英語で考え英語で話すことを実現するために様々の工夫がされています。さらに大脳生理学に基づいた独自の学習コンテンツが効率よく短期間で会話力を身につけるお手伝いをします。


DynEd eラーニング

DynEdコースウエアと特徴

「DynEd eラーニングとは」

 DynEdのeラーニングは、New Dynamic English をベースに希望する語学力を効率よく身につけるように設計されています。学習を始めるに当たっては、プレーメントテストで学習前の能力値測定と適切な開始の判定を受けます。
 プレースメントテスト終了後は、学生・受講生のレベルにあったコースが自動開始しますが、その後の学習状況に応じて学習内容の難易度を自動調整するアダプティブ・シャッフラーテクノロジーが、常に最適な学習内容を提供していきます。
 学習コンテンツは、ビジネス、各業界で実践利用できる内容となっており、また音声認識機能によりスピーキングの練習も可能となっています。更に学習履歴機能とチューター機能がリアルタイムに学習アドバイスを行い、DynEd独自の学習スコアによって、生徒・受講生が効率的な学習しているかどうかの客観的な判断が出来るように設計されています。また、先生・指導者においては、学習履歴管理機能が生徒毎の能力値、学習パターン、学習時間等の情報を提供し、またチューター機能が生徒・受講生の学習データを分析し、的確な学習アドバイス情報を先生・指導者に提供します。
 授業の補助教材や自習等に活用することで、管理者及び受講者の双方が効率よく継続的に指導・学習が出来る環境を提供し、会話力を身につける事が出来るDynEdのeラーニングシステムを是非ご体験下さい。

「DynEd eラーニングの特徴」

 DynEdは、コミュニケーション力の習得を実現するために効率的なeラーニングシステムの研究を長年にわたり行ってきました。そして、最終的に辿り着いたのが”Blended Learinig”を実現するためのシステムを作り上げることでした。そして、多くの技術的な課題をクリアし、今日の効率的な学習環境を提供できるようになりました。ここでは、システムにおける主な特長をご紹介します。

プレースメントテスト

アダプティブテスト
  問題の正誤により次に出題される問題の難易度を調整します。問題はデータの中から何題かがアトランダムに出されるので、生徒によって異なった問題が出たり、又テストを二度受けた場合、最初の時とは違う問題が出ます。

レコードマネージャーによる管理
 プレースメントテストは、レコードマネージャー機能によって管理されています。テストは終了すると自動的にロックされ、教師(管理者)がレコードマネージャーを通してロック解除しない限り、受講者が再受験することはできなせん。

レベル
 プレースメントテストの得点と他の試験との相関関係及びNew Dynamic Englishにおける開始コースをご紹介いたします。 なお、他の試験との相関関係は、DynEdコースを利用している受講者の試験結果を用いています。

プレースメントテストレベル 最適な学習コース
3.5〜5.0
(above DynEd's scope)
Advanced Listening, Test Mountain
3.0
(TOEIC 800-950,TOEFL630, ICAOレベル 5)
NDE モジュール 8, Test Mountain, Advanced Listening
2.5(TOEIC650-800,
TOEFL540, ICAOレベル 4)
NDE モジュール 7, Test Mountain, FIB, DBE ユニット3-8
2.0
(TOEIC 600-750,ICAOレベル 3)
NDE モジュール 5-6, Functioning in Business(FIB), Dynamic Busines English(DBE) ユニット1-4, Hospitality English
1.5
(TOEIC 500-650)
NDE モジュール 4, The Lost Secret, EFS ユニット5-10
1.0〜1.2
(TOEIC 400-550,ICAOレベル 2)
NDE モジュール 3, The Lost Secret, EFS ユニット5-10
0.5〜0.7
(TOEIC 250-450)
NDE モジュール 2, FE ユニット5-8, The Lost Secret, English for Success(EFS)
0.0〜0.2
Beginner〜(ICAOレベル 1)
New Dynamic English(NDE) モジュール 1, First English(FE)

 音声認識機能

 音声認識機能により、リスニング、スピーキング(シャドーウィング)に加え、音声出題に対する音声回答(スピーキング・ディクテーション)が可能となりました。 自分の英語が伝わっているかどうかの確認が出来ます。”SR”表示が音声認識による学習セクションです。

 レコードマネージャー

 各レッスンでの学習時間、学習回数、学習進度、得点、シャフラーレベル、プレースメントテスト受験などを表示します。ここで蓄積された学習データは、チューターにより分析され適切な学習法をリアルタイムでアドバイスします。

 チューター機能

 受講者の学習パターンを把握し、効果的な学習法をアドバイスする機能です。学習履歴の左下の「詳細」のボタンを押すと、具体的な学習法やDynEd独自の学習スコアが表示されます。具体的な学習法と指標となる学習スコアにより、効果的な学習を継続することが出来るようになります。また、この機能を利用することで、指導者や教師等は受講者・生徒に対して個別に適切な指導をすることができるだけでなく、適切な指導法であるか、 指導者等に対して教授法のトレーニングが必要かどうかの確認をすることが出来ます。

 柔軟な学習環境

 信頼できるテクノロジーにより、ラップトップや、語学ラボ、社内ネットワーク、個人や会社の各PC端末へのインストールが可能となっています。 14日間はオフラインでの学習でも可能ですので、出張先やネットワークのない環境でも学習が継続できます。また遠隔学習においては、学習記録を アップロードする時にのみインターネット接続が必要となります。

 申込方法

 個人でお申し込み

 当社スクール【スカイアカデミー】にてお申し込みを受け付けております。詳しくは、こちらをご覧ください。

 法人でお申し込み

 受講人数、期間、ご希望のコースなどを記載の上、【お問い合わせ】ページよりご連絡ください。折り返し担当者からご連絡させて頂きます。